Simulation

グラフで分析

決算書の数字をグラフで表現!

決算書の数字をグラフで表現することで、過去からの推移を目で見て把握することができます。

数字の把握で大切なのは、経費の科目ごとの細かい数字ではなく、経費の構成を大きく分類し、過去と比較していくことです。

貸借対照表では、3期分の推移から、どの箱が大きくなっているかを理解できれば、自己資本比率などの難しい単語を理解しなくても問題ありません。

上記以外にも、様々なグラフがありますので、会社の決算の数字の把握に適したグラフを提供できます。

グラフ一例

貸借対照表

損益計算書

売上総利益率推移表

 

決算書の数字をグラフで分析

​①売上高や売上総利益の目標が分析できます。
②分析なしでは、具体的な目標が定まりません。
③人件費や設備投資などの分析もすることができます。

会社のメンテナンスができれば、バージョンアップができます。

過去から現在までの分析をすることで、将来の売上高や売上総利益の目標値を分析します。

分析なしでは、具体的な目標が定まりません。

売上総利益率や人件費率の増減がどのように影響するかを把握することで、

将来の売上高の目標を具体的にシミュレーションすることができます。

数字のみでは把握することが難しいため、色で区分することにより目で見てわかりやすくしています。

会社に合ったグラフで分析するため、上記以外にも様々なグラフがあります。

税理士事務所 Q-all

〒612-8227

京都市伏見区三栖向町734-6​​

TEL:075-623-0880

FAX:075-623-0870               

MAIL:info@q-all.net

© 2020 by Q-all.net