icon_111360_256.png

若い税理士の不足

日本税理士会連合会実施の第6回税理士実態調査によれば、税理士の年齢層は20歳代が0.6%、30歳代が10.3%、40歳代が17.1%となっており、60歳代以降の税理士が53.8%を占めています。

税理士の平均年齢は60歳以上となっています。

高年齢化が進んでいるとともに、関与先も代替わりなどで若い経営者が増えていることもあり、若手の税理士の活躍が期待されています。

若い税理士のメリットは、柔軟な発想とやる気だと思っています。

周りの若い税理士を見てると、なんでもやってみようという税理士は多い気がします。

また、独立など開業して間もない税理士も多いので、普段の対応なども従業員ではなく、直接税理士が対応していることも多いと思います。

事業承継などで、社長が次世代のために同じくらいの年齢の税理士を探されていることもあります。

先代の社長もそうだったように、同じくらいの年齢の方がなんでも相談しやすいことがあるようです。

30代の税理士は10人に1人くらいしかいませんので、そこそこ貴重な存在と言えます。

Q-allには、30代の税理士、社会保険労務士、行政書士が揃っておりますので、若い税理士や専門家をお探しの方は是非ご相談ください。