社会保険労務士との

連携

税理士は労務の専門家ではありませんので、労使間の問題などで法的に正しく答えることができません。

しかし、会社にとって身近な法律家は税理士であるため、労務関係について質問をすると思います。

ほとんどの税理士が正しい答えを用意できるとは思えません。

それは、近年、働き方改革などで法律関係が複雑になり、労働者の立場が極めて強くなっているからです。

助成金や就業規則の作成、労使間のトラブルなどで、きちんとしたアドバイスができる税理士はいません。

税理士事務所Q-allでは、社会保険労務士法人Q-allとの連携により、貴社の立場から、適切なアドバイスをすることができます。

キャリアアップ助成金の手続きなどの実績が多数あります。

他の税理士事務所で社会保険労務士を雇い入れているケースや、税理士が社労士の資格保有者であることはありますが、ほとんどが社会保険労務士としてのノウハウはありません。

Q-allでは、株式会社Q-allのもと、税理士事務所Q-allと社会保険労務士法人Q-allが税務と労務の立場を最大限活かすことにより、貴社に適正なアドバイスをすることができます。

税理士事務所 Q-all

〒612-8227

京都市伏見区三栖向町734-6​​

TEL:075-623-0880

FAX:075-623-0870               

MAIL:info@q-all.net

© 2020 by Q-all.net