月次決算書の作成

今まで年に1回の決算書で何も問題なかったので、月次決算書は必要ないと考えていませんか?

確かに、今までは問題なかったかもしれませんが、来期はどうでしょうか。

売上高の予測や売上総利益率の目標が具体的に定められていますか?

年に1回の決算書では、期中の動きの把握がどうしても遅れます。

期中の動きが把握できていないと、資金繰りなどの数字があやふやになります。

月次決算書を作成することで、資金繰りなどの管理も含めて、会社の経営状況をすばやく把握できるようになります。

もし、売上高が前年比より大幅に落ちている月があれば、その軌道修正を素早くしなければなりません。

月次決算書は会社にとって、経営の方向性を決める重要な資料です。

税理士事務所 Q-all

〒612-8227

京都市伏見区三栖向町734-6​​

TEL:075-623-0880

FAX:075-623-0870               

MAIL:info@q-all.net

© 2020 by Q-all.net