金融機関との交渉

新規借入の相談や返済計画の見直しには、決算書が必要になります。

決算書の内容についての説明は、専門家にお任せいただければ問題ないですが、大切なのは、新規借り入れや返済計画の見直しをすることではなく、決算書から課題を見出して、それを解決できるようになることです。

手段と目的をはっきりしなくては、再度返済計画を見直すことになりかねません。

決算書から課題を見出すためには、決算書を理解しなければなりません。

決算書がわかりにくいのは、決算書の作成者が税理士であり、それを受け取っているのが社長であることに原因があります。

作成者の意図を汲み取らなければ、決算書の内容の理解ができるはずがありません。

そこで社長に決算書の見方を共有していただくために、決算書の数字をグラフで表現し、大切なポイントだけがわかるようにしています。

金融機関から見てもわかりやすい決算書になっていますので、銀行や信用金庫との交渉がスムーズに進みます。

税理士事務所 Q-all

〒612-8227

京都市伏見区三栖向町734-6​​

TEL:075-623-0880

FAX:075-623-0870               

MAIL:info@q-all.net

© 2020 by Q-all.net